屋根の葺き替え工事 カバー工法|松戸市のリフォーム松浦住宅

松戸市で35年(2018年現在)営業する松浦住宅です。屋根の葺き替え工事(カバー工法)の様子をご紹介します。

①現状確認

これから行う屋根工事の準備、現状を把握

②既存の屋根材をはがします。

カバー工法では、まず棟部を撤去しなければなりません。

③施工開始

屋根の先端部、軒先から始めます。雪止めを取り付ける場合は一緒にしなければなりません。

④施工の様子

軒先から順次差込み、シッカリと取付けて行きます。

⑤棟部は専用部材で仕上げます。

重要な棟部の施工の状況です。

 

⑥棟部仕上がりました。

棟部がシッカリと施工されました。

 

施工のポイント

棟の頂上部には屋根裏換気を則す専用の部材を取付ました。

 

屋根裏の空気を流通されるには、換気口を開けなければなりません。そこで新たに開口。この換気口の上に換気用部材が被され 、雨が降っても空気は流れるが雨は侵入しません。