屋根の葺き替え工事 フィンルーフ使用工事の様子ご紹介します。

屋根の葺き替え工事は高所で行われている為、自分の目で確認することは難しいですよね。今回は屋根の上ではどのような作業が行われているのかご紹介します。

施工のポイント

以前の屋根材はトタン葺きで。錆が酷く雨漏りを起こし、天井にシミがありました。屋根の勾配が瓦と同じくらいあれば、屋根材として色々選べたのですが、勾配がのろいところでは、長尺物の屋根材を使用しないと、また雨漏れを起こします。そこで今回は、長尺の金属ルーフ(赤錆保証20年)で施工しました。

 

屋根の葺き替え工事

①問題カ所の確認

トタン屋根の錆

現状:トタン屋根が錆びて端がボロボロ、このまま放置しておくと雨漏れになります。

 

②野地板を新規施工

野地板の施工

トタンをはがした後、野地板を新規に施工。古い下地のままでは屋根材を新しくしても剥がれてきます。

 

③新規ルーフィング施工

ルーフィング施工

ルーフィングは雨の侵入を防ぐ重要な役割を果たします。

 

④新しい屋根材を施工

新しい屋根材を施工

屋根勾配が無いので長尺物の屋根材を使用しなければなりません。

 

⑤隅部を仕上げます。

ルーフィング棟部施工

棟部は最も重要な場所、専用の部材で仕上げます。

 

⑥アンテナの設置

屋根のアンテナ設置

屋外アンテナが屋根上にある場合は、元の位置に戻しておきます。

 

⑦仕上がり確認

完成写真

他の角度から見た写真です。きれいに仕上がっています。