かわら屋根を瓦からコロニアルにする場合のメリット・デメリット|松戸市・松浦住宅

 

『屋根瓦が傷んでいる・・』と感じた時、リフォームで行なえる工事を大きく分けると選択肢は3つです。

・部分補修 瓦の問題個所を修繕します。
・全面葺き替え(新しい瓦に)古い瓦屋根は剥がし、新しい瓦に葺き替えます。
・全面葺き替え(コロニアルに)古い瓦は剥がし、コロニアル屋根にします。

瓦からコロニアル

瓦屋根をコロニアル屋根に

今回は屋根を瓦からコロニアルにする場合についてご説明します。

 

屋根工事が必要となるタイミングは?

屋根工事は様々なきっかけでご依頼いただきますが、中でも多いのが以下の③つです。

① 屋根の崩れ、見た目の変化
② 雨漏れ
③ 地震対策

いずれも早めの対策が必要です。気になることがありましたらすぐ松浦住宅にご相談ください。

 

屋根をコロニアルにするメリット

・屋根が軽くなり耐震性が向上します。
価格面 瓦から瓦へ葺き替えるより安価に施工できます。
耐久性の高いコロニアルグラッサシリーズを使うことで長持ち(瓦とほぼ同じ)

 

屋根を瓦からコロニアルにするデメリット

・コロニアル材は厚さ5mm前後と薄い材質です。瓦とは暑さが異なる為、交換しないと雨水が樋に流れていきません、従って雨樋の交換が必要となります。

《コロニアル工事で使用する建築材の説明》

① ルーフィングとは
屋根の下葺き材で、下地材であるコンパネや野地板の上から被せ、屋根の仕上げ材から漏れてきた雨などの水滴を家の中に侵入させない為の防水機能をもったシートのことです。

★ルーフィンル選びのポイント
屋根材を固定するのに釘が使用されますが、釘が刺さってもそこから雨が染み込まないものを選ばなければなりません。

屋根ルーフィング材

屋根用ルーフィング材

 

② 野地板とは
屋根を葺(ふ)く下地とするために垂木(たるき)の上に張る板。

★野地板選びのポイント
針葉樹の合板が理想的です。広葉樹は生長が早く、広く出回っていますが湿気に弱いという欠点があります。それに対して針葉樹は寒いところで育っていますので、年輪も詰まり湿気に強いという長所があります。松浦住宅では針葉樹の合板を使用しています。

野地板をはる

新しい針葉樹の野地板をはる

リフォーム《無料ご相談・お見積り》お申込み

【訪問エリア】
千葉県松戸市、柏市、船橋市、流山市、市川市、鎌ヶ谷市ほか(そのほか隣接した地域にお住まいの方もお問い合わせ下さいませ)